胃に負担をかけない優しいダイエットで楽に痩せてみる

ちょっとショックな出来事があると急に食欲が失せてしまう私・・・。いろんな問題が起りやすい世の中ですが精神的なショックで食欲がなくなると2日間くらい私は何も食べなくなります。まったく食べたいという気が起りません。

飲み物はなんとか飲みます。本当は喉の奥が詰まったような感じになってしまって飲み物もスムーズに入っていかないのですが、水分を摂らないと生きられませんから・・・。丸2日水分を摂らないということは今までありませんでしたが、丸2日何も固形物を胃に入れないということはたま~にあります。

身体の負担は計り知れず、胃の状態も悪くなり、生きているのか死んでいるのか分からないような状態になってしまうのですが、無理に固形物を食べると身体が受け付けなくて戻してしまいます・・・。精神的なショックが身体に表れやすいためこのようになってしまうのですが、考えようによってはこれはダイエットになると思ってから少し身体が変わってきました。

気持ちの持ち方でゼリータイプの食品なら食べられるようになったのです。つるんと喉を滑るように流れる食品ならゼリー以外でも身体が受け付けることが多くなり、考え方気の持ちようは大事だなと実感しています。いつまでも起きたことをクヨクヨ思い悩んでいても状態がよくなるわけでも変化するわけでもありません・・・。

考え方を柔軟にして、そしてこれはダイエットになるかもと考えるようにして身体は変わりました。最近はショックな出来事が起きてもおかゆ程度のものを食べられるようになったので体力が極端に落ちることはなくなりました。おかゆの中に刻んだキャベツや椎茸、溶き卵などを入れれば立派なダイエット食になります。

不健康にならないように具だくさんのおかゆを作って食べているうちに何があっても大丈夫という気持ちにもなりました。そして実際にストレスにも少し強くなれたのです。おかゆは気に入って食欲があるときでも作って食べています。

具だくさんのおかゆなので栄養が偏ることはありません。その都度具の内容を変えています。これを続けたところいつの間にか身体がスッキリ肌にもつやが出てちょっと嬉しくなってしまいました。ショックを受けやすい弱いメンタル面も自分が痩せて肌もきれいになると変わってくるものですね。

ダイエットに夢中にならなくても私の場合こうやれば痩せることができるんだと思うようになり、ダイエットや身体に対する意識も高まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です